賃貸型シェアハウスの長所と難点について

生活費が安く抑えられるなどの長所がある

賃貸型シェアハウスを利用した場合、最大の長所と言えるのが生活費などの費用が安く抑えられるという点です。賃貸型シェアハウスでは、光熱費が最初から家賃に含まれているケースが多い傾向にあります。そのため、一人で賃貸物件に暮らす場合と比較すると生活費の負担は軽減されると言えます。転居先を検討しているエリアに新しくシェアハウスができるという情報があれば検討してみる価値はあるでしょう。 一方、賃貸型シェアハウスの多くは、初めから家具や家電が付いているので入居してすぐに生活が始められる点も長所と言えます。一人暮らしの場合は家具や家電をそろえる必要があり、それなりに費用がかかってしまいます。しかし、ほとんどのシェアハウスには必要最低限の家具が付いている他、洗濯機や冷蔵庫といった家電も完備されています。さらに個室にはベットも付いており、中にはキッチン用具一式が揃っている所もあります。そのため、退去する際は大きな荷物を運び出す必要がない点もシェアハウスならではの魅力と言えます。 他にも風邪などで体調を崩した時などは、同居人が食べ物などを差し入れたりしてくれるなどサポートしてくれる事もある所もシェアハウスの利点でしょう。

同居人とトラブルになる可能性があるなどの難点もある

賃貸型シェアハウスには様々な長所がありますが、一方で難点もいくつかあります。そのひとつが同居人が多いほどトラブルになる可能性も高くなりやすいという事です。賃貸型シェアハウスは様々な人たちが集まって共同生活をしていくというスタイルであるため、相性の良い人たちばかりと日常生活を送れるというわけではありません。あまり気が合わないという人と生活をしていくというケースも可能性としては十分にあります。そのため、ちょっとした事でトラブルに発展する可能性も否定できません。賃貸型シェアハウスを利用するのであれば、いろんな人達が集まってくる場所であるという事を認識しておくべきでしょう。

また共有スペースが汚れやすい点もシェアハウス特有の難点と言えます。キッチンやトイレなどの共有スペースは複数の人が何回も使用するので、汚れやすくなっています。定期的に清掃業者が入って掃除を行ってくれる所もありますが、細かな汚れが気になるという方には生活する上ではストレスに感じてしまうのかもしれません。
他にも難点として挙げられるのが日常生活の自由度が制限されやすいという事です。例えば一人暮らしであれば上半身裸でパンツだけ履き、部屋の中をウロウロしても問題はないでしょう。しかしシェハウスの場合、個室を出る際は服をきちんと身に付けておく必要があります。部屋でのびのびしたいという人には少し不自由さを感じるかもしれません。