賃貸アパートの利点と気になる点

アパートに住むメリットとは!?

賃貸物件は、アパートやマンション、メゾネットタイプの物件など色んな住まいの種類があります。初めての一人暮らしや住み替えの際には、十分な満足感を得られるように、それぞれの特徴をつかみ、よく吟味してから決めましょう。実際にアパートの住まいで生活することをイメージしてみて考えてみるとよいです。アパートと呼ばれる住居は、2階から3階の建物であることが多く、マンションに設置されているようなエレベーターはありません。

アパートの建物の構造は、木造やプレハブ造、軽量の鉄骨造などでつくられています。木造のアパートであれば、通気性が良くて湿気がこもりにくく、カビなどの発生が抑えられて、快適に過ごせるという利点もあります。また、アパートはコストが低い素材や構造でつくられているため、リーズナブルな家賃で住めるアパートが多いです。共益費や管理費も比較的安いという一つのメリットがあります。毎月の家賃を抑えたいというコスト重視の方は、アパート住まいが向いています。アパートは駐車場を完備しているところもあり、住居と同じように駐車場料金も安く設定している場合がほとんどなので、コストパフォーマンスが良いところが魅力です。

アパートに住むときの注意点

アパートは、毎月の家賃を安く抑えられるというメリットがありますが、注意しなければいけないこともいくつかあります。アパートは構造上、木造や軽量の鉄骨造で建てられているため、周囲の生活音が聞こえやすくなるのが難点です。人の足音や話し声が聞こえてくることもしばしばあって、騒音が気になる人もいるかもしれません。そういった音が気になるという人は、できるだけ上の階や角部屋を選ぶとよいでしょう。そして、あらかじめどんな人がいるのか、アパートの部屋を内覧するときに大家さんに聞いてみるなど、調査してから入居したほうがよいです。隣部屋との間に押し入れがあれば、多少防音性が高まることもあることや、防音材が使われているアパートもあります。そういった防音対策がしてあるかどうかも、内覧時にチェックしておくことが大切です。 また、アパートはマンションのように管理人が常駐しているということがほとんどありませんし、オートロックや防犯カメラなどのセキュリティの設備が設置されていないところも多いです。アパートに住むことに決めたら、施錠の徹底をしたり、玄関ドアや窓に補助錠をつけたりと、防犯意識を高く持って暮らすことが重要です。

新札幌の賃貸は主要駅から近く通勤や通学に便利で、事前に見学して安心して暮らせる環境であるか確かめてから選ぶことがポイントです。